田舎の理学療法士

田舎の急性期大学病院勤務PT&大学院生PTのメモ用ブログ(2人で運営してます)

心臓リハビリテーション指導士試験の予想問題⑥:「大血管疾患、心臓外科術後の管理」編

どうも。

田舎のPT、イナピーです。

 今回は心リハ指導士の予想問題第6弾です。

 

本日の内容は血管疾患、心臓外科術後の管理について。

答えは、一番下に書いてありますのでご参照ください。

 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

1.次の内容のうち、誤りであるものを2つ選べ:

a.大血管疾患術後の患者に対するリハビリテーションはclass1で推奨される

b.下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)は生活習慣病が原因とされており、Fontaine分類Ⅲ度はリハビリ適応となる。

c.急性大動脈解離の患者には、レジスタンストレーニングは禁忌とされる。

d.非破裂腹部大動脈瘤の手術適応となるサイズには男女差がある。

e .ASOを有する患者への禁煙は強く推奨される

 

2.大血管疾患術後のリハビリ実施許可の基準について、中止基準として誤ったものを2つ選べ:

a.運動前の収縮期血圧が100mmHg以下または160mmHg以上

b.新規の頻脈性心房細動の出現

c.心室性期外収縮の出現

d.離床時の収縮時血圧が20mmHg以上低下する場合

e .CRPの急性増悪期 

 

3.次の内容のうち、正しいものを2つ選べ:

a.大動脈解離術後の急性期管理にある患者の収縮期血圧は安静時130mmHg未満で管理することが推奨される

b.胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤ともに50mm以上では手術適応となる。

c.弁置換術において、機械弁を選択した場合は一生涯ワーファリンを服薬する

d.弁置換術後患者において、機械弁を用いた症例はワーファリンとDOACでは効果に差がなく、ビタミンKの制限がないDOACは第一選択となる。

e.StanfordA偽腔開存型とStanfordB型は標準リハビリコースに従ってリハビリを進める

 

4.次の内容のうち、正しいものを2つ選べ:

a.急性期の大動脈解離保存例では、収縮期血圧は105-120mmHgでの管理が推奨される

b.偽腔閉塞型でULPを有する例では破裂リスクが低く、短期リハビリコースに組み込まれる

c.胸部大動脈瘤を有する患者では、有酸素運動の処方、術後症例における収縮期血圧130mmHg未満での管理はclass Ⅰで推奨される

d.腹部大動脈瘤を有する患者に対する禁煙、スタチンの投与はclass Ⅰで推奨される

e.大動脈解離術後では、標準コースおよび短期コースともに1日の血圧が130mmHg未満で管理されていることが退院の基準とされている

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

[血管疾患、心臓外科術後の管理]のポイント

大血管疾患リハビリ進行の中止基準

f:id:t-memo:20190619182918p:plain


●大動脈瘤に関連するエビデンス

・TAA:60mm以上、AAA:50mm以上はope適応の基準となる

・最大短径ごとの破裂リスク

f:id:t-memo:20190619184927p:plain

f:id:t-memo:20190619191428p:plain

f:id:t-memo:20190619203336p:plain

・TAAにおける内科治療で立証されているエビデンスclassⅠでの推奨は確認されていない

・AAAのope適応の性差について、男性>55mm女性>50mmへの手術適応はclass Ⅰ 

で推奨される

・TAAのサイズが40-45mmの患者に比べ、55mm以上での非破裂生存率(予後)は非常に悪い(N Engl J Med 2003; 348: 1895-1901)

 

●大動脈解離に関連するエビデンス

・保存例の急性期の降圧管理では、105-120mmHgの管理が原則。

一方、慢性期においては安静時<130mmHg、運動時<150mmHgで管理。

・偽腔閉塞型のうち潰瘍様突出像( ULP) を呈する例では、真腔から偽腔への再開通が多く出現し,大動脈径が 40mm 以上の例では,線溶凝固系の異常が遷延したり、破裂リスクが高まったりする。そのため、これらの病態を標準リハビリコースとし、その他の合併症を起こす可能性の低い病態を短期リハビリコースとしている。

f:id:t-memo:20190619195312p:plain

f:id:t-memo:20190619190610p:plain

●弁膜症に関するエビデンス

・機械弁を用いた例に対する抗凝固療法はワーファリンが第一選択となる。

ダビガトランなどのDOAC使用例では出血リスクが高く、ワーファリンの代替にはならないことが報告されており(Eikelboom JW et al.N Engl J Med 2013;369:1206-14)、現段階ではDOACの優位性は確立されていない。

・抗凝固療法について、ワーファリン投与は機械弁の場合は一生涯続くが、生体弁の場合は心房細動を合併しなければ血栓リスクの高い3ヶ月間のみである。

 

●末梢閉塞性動脈疾患(PAD)に関するエビデンス

・ASOは動脈硬化などが原因とされており、生活習慣が影響するとされている。

・Fontaine分類のⅡ度以下では心リハ適応となる。Ⅲ度以上はope適応。

・ABIは0.9以下で狭窄や閉塞1.4以上で動脈の高度石灰化を示す。

 

参考資料:

・弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン(2012 年改訂版)

・大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2011改訂版)

・末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン(2015 年改訂版)

・心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2012年改訂版)

 

 

[答え]

a,b/ c,d/ a,c/ a,e

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

今日はここまで。

 

 

本シリーズは、11弾まで用意してあります。

3日に1回くらいの頻度で更新できるように頑張っております。

今後もよろしくお願いいたします。

ではでは!